稲城プログラミング大会結果報告

  • ブックマーク

夏休み最終日曜日 8月29日に第1回稲城プログラミング大会を開催しました。

応募作品

最優秀賞  現実シリーズ5.03 京王相模原線(下り)運行シミュレーター  sosu83 さん

優秀賞   多摩モノレールの駅、再現  sigatasuuukuuuu さん

優秀賞   カタヌキ  ayunagi さん

アイデア賞 アフロを探すストーリーゲーム  T-K_hoby さん

当日賞   花火  ある さん

クラシックイライラ棒  Garhie さん

誕生日おめでとう  aika さん

Tokyoオリンピック2020ピクトグラム   ryujim さん

どの作品も非常に素晴らしく、審査メンバー一同とても悩みました。受賞した方も、そうでない方も、これをきっかけにさらに良い作品を作るきっかけになればいいかなと思っています。

最優秀作品紹介

現実シリーズ5.03 京王相模原線(下り)運行シミュレーター

鉄道が大好きで、新型コロナウィルスの影響で鉄道に乗る機会も減ってしまったことをきっかけに、自ら正確なダイヤで運行するシミュレーターを開発したとのこと。実際の駅に合わせて島式の駅にしたり、準特急が各駅停車を追い越したり、車両がぶつからないようにするために安全装置を設置するところまで再現されています。

変数やメッセージの制御、色認識を使った制御を試した結果、動作が安定しなかったため、リストを使った制御にたどり着きました。試行錯誤を繰り返して今のVerにたどりついたところがプログラミング開発そのもので素晴らしく、最優秀賞に選ばせていただきました。

優秀作品紹介1

多摩モノレールの駅、再現

続いても電車再現作品。多摩モノレールを忠実に再現しています。乗客が乗り口付近に集まってきて、特定の時間になると電車がゆっくり到着し、ドアが開いて乗客が乗り込む、その後ドアが閉じて出発していきます。

最初の発表時は、ドアが開かず乗客が乗り込まないまま電車が出発してしまう、というバグがあったんですが、その後他の方が発表している間に修正して再度発表してもらいました。まさにアジャイル開発!

優秀作品紹介2

カタヌキ

お祭りでよくあるカタヌキが大好きなのに、新型コロナウィルスの影響で中止になってできなくなったので、スクラッチで再現しました。

難易度の選択、型の形状による難易度の調整、つまようじの角度も再現していています。

好きなんだけどできなくなったことをプログラミングで再現する、というモチベーションと、細かいところまで再現するところ、非常に素晴らしいと思います。

アイデア賞作品紹介

アフロを探すストーリーゲーム

ストーリーを進めると場面ごとに選択肢が表示され、それを選んでストーリーを進め、アフロを集めていくゲーム。選択肢を作るプログラムに定義ブロックを使って、開発者は楽して作ることもできるし、プレイする人は長くプレイできるような工夫がされています。

ゲームの難易度が高く、プレイしてもらった家族はまだ誰もクリアできてないとのこと。次回は途中からプレイ、や会話をスキップする機能追加を期待します(笑)

当日賞作品紹介

花火

花火を再現した作品。クローンをうまく使って、色や角度が異なるスプライトを放射状に移動させて花火のように見せています。

総評

Coder Dojo稲城で初めてのプログラミング大会で本当に作品が集まるのかどうか不安でしたが、みなさん素晴らしい作品を応募していただき、スタッフ一同楽しませていただきました。本当は全員の作品を紹介したいくらいでしたが、スペースの都合上受賞作品しかご紹介できなかったのが非常に残念でした。 また次回近いうちに開催したいと思ってますので、今回応募してくれたかも、今回は参加できなかった方も、次回の応募をお待ちしております。ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします